ここから本文です

【中日新聞杯】冬のハンデ重賞、あの穴馬に注目したい/JRAレース展望

2018/12/5(水) 6:00配信

netkeiba.com

 昨年から冬の開催に移動してきたハンデ重賞。それ以前は春の開催に組まれていて、暮れの中京ではGIIの金鯱賞が行われていた。別定戦からハンデ戦に替わって、メンバーレベルの低下はやむを得ないが、同じ中京芝2000m戦ということで共通する部分も少なくない。

1.スローになりやすい

 コース改装以降の中京芝2000mは、スローペースで流れる割合が大きくなった。ローカルの芝2000mとしては、早めにマクリが入る小倉や福島とは対極にあって、コースの性質は新潟外回りに近い。

2.距離短縮は割り引き

 昨年はエリザベス女王杯から臨んだマキシムドパリが4番人気で5着。前走でより長い距離に使われていた馬はすべて馬券圏内を外した。勝ったのはメートルダールで、前走でマイルの関屋記念を使われていたこともあって、この馬としては行きっぷりが良かった。

3.瞬発力勝負で軽ハンデ馬が狙い

 昨年は57.5kgを背負っていたミッキーロケットを55kgのメートルダールが差し切った。2013年には55kgのサトノアポロ、2014年には54kgのマーティンボロが勝っているように、斤量の軽い馬の活躍が目立つ。


 ハクサンルドルフはキャピタルSでは8着に終わったが、重賞並にメンバーが揃った一戦だったし、また今のこの馬にはマイルはやや忙しい印象もあった。春にはエプソムCで2着した実績があり、ハンデ重賞なら勝ち負けできる能力を持っている。左回りの長い直線はベスト条件で、距離延長で追走が楽になれば上位食い込みが期待できる。

最終更新:2018/12/5(水) 6:00
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事