ここから本文です

来季ホンダPU搭載のレッドブル、タグホイヤーとは”公式時計パートナー”として関係を継続

2018/12/5(水) 8:47配信

motorsport.com 日本版

 今季までルノー製のパワーユニットを使ってきたレッドブル。しかし2016年からは、レッドブルに搭載されるパワーユニットの命名権はタグホイヤーに売却され、レッドブル・タグホイヤーとしてF1を戦ってきた。

【写真】タグホイヤーのロゴがノーズに貼られた、アイルトン・セナのマクラーレンMP4/6

 来季からレッドブルはホンダ製パワーユニットを使うため、これまでのようにエンジンのバッジを換えることはできない。しかしながらタグホイヤーは、2021年までレッドブルの公式タイムキーパー及び時計パートナーを務めるようだ。

 チームは「関係は今後数年間の間に進化していくだろう」と語り、その第1ステップとして、2019年には”マックス・フェルスタッペン”スペシャルエディションが発表されるという。

「過去3年の間に、タグホイヤーの名前はチームの努力と深く結びついている」

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは語った。

「パワーユニットのブランディングを通じて、同社の世界における知名度を活用してきた」

「タグホイヤーの名前は、グランプリレースの黄金時代からの、優れた遺産を持っている。我々はそのストーリーに継続的に関わっていくことについて、誇りに思っている」

 タグホイヤーのステファン・ビアンキ社長も、次のように語っている。

「このパートナーシップを通じて、タグホイヤーとF1の間の驚異的な繋がりを、継続させなければいけないことは明らかだった」

 タグホイヤーは、F1で最も長くスポンサーを務めている企業のひとつだ。同社は1970年代にフェラーリのパートナーとなり、後にマクラーレンのパートナーとなった。

 同社は他にも、フォーミュラEやWTCC、そしてインディ500などでもスポンサーを務めている。

Adam Cooper

最終更新:2018/12/5(水) 8:47
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事