ここから本文です

韓国開発の気象衛星「千里眼2A」 きょう打ち上げへ

2018/12/5(水) 5:00配信

聯合ニュース

【ギアナ(共同取材団)聯合ニュース】韓国で独自開発した気象衛星「千里眼2A号」が、5日に仏領ギアナのギアナ宇宙センターから欧州アリアンスペースのロケット「アリアン5」で打ち上げられる。打ち上げ予定時刻は午前5時40分(日本時間)だが、気象状況などにより変更される可能性がある。同ロケットは前日の4日に発射台に立てられた。先週の打ち上げリハーサルでも特に問題は見つからなかったという。

 

 千里眼2A号は2011年7月から韓国航空宇宙研究院や防衛大手の韓国航空宇宙産業などが開発に当たってきた静止衛星。高度約3万6000キロメートルの軌道に投入され、来年7月から朝鮮半島に気象サービスを提供できる見通しだ。

 10年に打ち上げられた通信・海洋・気象衛星「千里眼1号」はフランスと共同開発したものだが、2A号は本体の設計、組み立て、試験に至るまで全てのプロセスを韓国の技術でクリアした。

 2A号は打ち上げの33分38秒後にロケットから切り離され、打ち上げから40分後に地上局と最初の交信を行う予定だ。衛星が目的の機能を果たしているかどうかを確実に把握するには1か月ほどかかる。

 2A号は高画質のカラー映像をほぼリアルタイムで送信する。研究陣によると、2A号によりゲリラ豪雨を事前に予測できるほか、台風の進路も比較的正確に追跡できるという。2A号は朝鮮半島の気象に加え、宇宙気象の観測も担う。

最終更新:2018/12/5(水) 5:00
聯合ニュース

あなたにおすすめの記事