ここから本文です

【RIZIN】KINGレイナ、川村虹花らの大みそか参戦アピールに榊原代表「速やかに検討して結論出す」

2018/12/5(水) 12:05配信

イーファイト

 12月1日(土)東京・新宿FACEにて開催された女子総合格闘技『DEEP JEWELS 22』では、女子ファイターたちが次々と12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』への参戦をアピールした。

【フォト】水着も似合うDEEP JEWELSのスター選手たち

 第2試合で宗田智美 (39=HIDE’S KICK)に勝利してプロ2勝目をあげた、現役アイドルの川村虹花(22=仮面女子)はマイクを持つと「開場時間でもオープニングアクトでも休憩時間でもいいので、年末のRIZINに私を出させてください」と、視察に来ていたリングサイドの榊原信行RIZIN実行委員長へ猛烈アピール。榊原委員長も「一度前向きに考えます。レベルはアレですが、RIZINはいろいろな人にチャンスを与えたいと思っています」と返答。

 第4試合で高森惟舞(22=総合格闘技道場BURST)に勝利した奈部ゆかり(30=HMC JAPAN)も、試合後にマイクで「自分は大きい舞台で戦いたいです。自分とやりたい相手がいたらお願いします」とアピール。

 第7試合でジュディー・ルイス(33=ドイツ)を破ったKINGレイナ(22=FIGHT CLUB 428)は、目標としていたKO勝ちが出来なかったことで「今日は塩試合でしたが、よろしければ年末のRIZINに出させてください」と控えめにアピール。榊原代表も「しょっぱかったね」と厳しい評価を下したが、「前向きに考えます」と返答した。

 そしてメインイベントで、9月のRIZINに出場した黒部三奈(41=マスタージャパン)を判定2-1の僅差で破り、DEEP JEWELSアトム級王座を奪取した前澤智(30=リバーサルジム立川ALPHA)も「大みそか空いています!」と参戦をアピールした。

 榊原委員長は自身のSNSにて「先週末にDEEP JEWELSの視察で新宿FACEへ行って来ました!JEWELSを観戦する度に感じる事は、女子格闘技の熱の高まりです。女子選手の皆さんの不屈のハングリー精神には脱帽です」と、女子ファイターたちの姿勢を高評価。そして「多くの選手から大みそかへの参戦アピールがありましたので、可及的速やかに検討をして結論を出したいと思います」との見解を示した。

最終更新:2018/12/5(水) 12:05
イーファイト

あなたにおすすめの記事