ここから本文です

正月用の破魔矢作り

12/5(水) 13:32配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

商売繁盛の神様を祀る荒尾市の神社で正月用の破魔矢作りが行われています。
荒尾市にある四山神社の社務所では権禰宜と巫女がひとつひとつ丁寧に破魔矢を組み立てています。
ここ四山神社は地元で「こくんぞさん」の愛称で親しまれ正月3が日でおよそ4万人を超える参拝者が訪れるということです。
破魔矢作りは11月下旬から始まっていて魔よけの短冊や鈴、それに来年の干支のイノシシが描かれた絵馬が取り付けられ熊手や鏑矢と一緒にうず高く積まれ年が明けるのを待ちます。
鏑矢など5種類で1200本と商売繁盛を願う熊手も800本準備されるということです。
この破魔矢作り、今月10日頃まで続けられます。

RKK熊本放送

最終更新:12/5(水) 13:32
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事