ここから本文です

稲垣吾郎、約14年ぶりにソロ曲をリリース!作詞作曲は川谷絵音

2018/12/5(水) 7:00配信

シネマトゥデイ

 シチュエーションバラエティードラマ「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」(Amazon Prime Video・12月7日配信)で主演を務める稲垣吾郎が、主題歌「SUZUNARI」を歌うことが明らかになった。21日よりデジタル配信限定リリースされる同曲は、稲垣にとって約14年ぶりのソロシングル曲となる。

【動画】「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」エピソードゼロ

 本ドラマは、稲垣ふんするO型のIT社長・ゴロー、A型の整体師・ジュン(要潤)、AB型の花屋・リョウ(勝地涼)の3人が住むシェアハウスを舞台に、血液型をテーマにしたトークが繰り広げられるシチュエーションバラエティードラマ。3人がシェアハウス4人目の入居希望者を面接するという体で、毎話ゲストが登場する。

 稲垣が歌う主題歌「SUZUNARI」は、ゲスの極み乙女。やジェニーハイなどで活躍するミュージシャン・川谷絵音が作詞と作曲を手がけているバラード曲。稲垣は同楽曲について「僕をイメージしてつくってくださったこともあり自分の言葉のようにすんなり入ってきて自然と歌えました」と振り返っている。

 また、特別映像「エピソード0」も公開され、ゴロー、ジュン、リョウの出会いの様子が描かれている。献血で偶然出会った3人は血液型トークで盛り上がり、その勢いのままシェアハウスに住むゴローが2人を誘うことになる。(編集部・梅山富美子)

「東京BTH(読み方:トウキョウ ビー・ティー・エイチ)~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」は12月7日より Amazon Prime Video にて全10話一挙配信
稲垣吾郎ソロシングル曲「SUZUNARI」は12月21日配信限定リリース

コメント全文

■稲垣吾郎
僕をイメージしてつくってくださったこともあり自分の言葉のようにすんなり入ってきて自然と歌えました。どうして僕のことをこんなにわかってくれているの? と思うほどで“天才”を感じました。川谷さんならではの世界観と僕がもともと持っている雰囲気がすごくうまく混ざり合って新しいものが生まれたと思います。「SUZUNARI」というタイトルもとても気に入りました。川谷さんのおっしゃるとおり多くの方に響かせていきたいと思います。

■川谷絵音
この斬新なドラマに主題歌を提供できたのは誇りです。それを主演の稲垣さんがソロで歌ってくれるというのも光栄で、音楽があればいつか必ずまた繋がれると確信できました。ドラマの主題歌という枠を超えて「SUZUNARI」が特別な曲になることを願っています。

最終更新:2018/12/5(水) 7:00
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事