ここから本文です

熊本大学で火事 実験室全焼

12/5(水) 20:14配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

5日昼頃、熊本大学で実験室1部屋が全焼しました。学生などにけがはありませんでした。

警察などによりますと、5日午前11時40分ごろ、熊本市中央区黒髪の熊本大学理学部2号館4階の実験室から火が出たと学校の職員から119番通報がありました。

火は約1時間半後に消し止められましたが、約100平方メートルが全焼しました。

実験室には、担当教員1人と学生が6人がいましたが、全員が逃げ出し、けがもなく無事でした。

実験室では、学生たちが金属ナトリウムを水で薄めながら廃棄する処理をしていたということです。

「危険な溶媒があったり色んな試薬があったりする所なので、どこの研究室でも(火が出る)可能性はあると思う」(理学部の学生)

原田信志学長は「原因を究明し再発防止、安全管理の徹底に万全を期したい」としています。

RKK熊本放送

最終更新:12/5(水) 20:14
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事