ここから本文です

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』4月12日公開!コナン×怪盗キッド×京極真が三つ巴バトル

2018/12/5(水) 8:00配信

シネマトゥデイ

 アニメ「名探偵コナン」劇場版シリーズ23作目となる最新作が『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のタイトルで、2019年4月12日に公開されることが決定した。コナンと、その宿命のライバルであり“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッド、そして最強の空手家・京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。

今年もかっこいい!タイトルロゴ【画像】

 青山剛昌による原作コミックスは、全世界累計発行部数が2億3,000万部を突破。今年4月に公開された劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』はシリーズ最高の興行収入91.3億円(11月末時点)を記録し、メインキャラクターとして登場した安室透の人気は社会現象と言えるほど話題を呼んだ。その興奮冷めやらぬなか、2019年に公開される新作の情報が発表となった。

 最新作『名探偵コナン 紺青の拳』の舞台はシンガポール。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大のブルーサファイアを巡って、コナンと怪盗キッドが、ホテル「マリーナベイ・サンズ」で起きた殺人事件、そしてシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくというストーリーだ。

 そして劇場版のキーパーソンとして怪盗キッドの行く手を阻むのが、杯戸高校・空手部主将であり、400戦無敗を誇る最強の男・京極真。京極は、今回が劇場版初登場となる。実は京極と怪盗キッドは、過去に京極の恋人・鈴木園子がらみで対決したこともある因縁の関係だ。今作ではブルーサファイアを狙う怪盗キッドの前に何故か立ちはだかる京極。一方コナンもキッドによって強制的にシンガポールに連れ出されてしまう。

 また、原作者の青山が描いたティザーポスタービジュアルも公開された。シンガポールの代名詞でもある「マリーナベイ・サンズ」をバックに、不敵な笑みを浮かべる怪盗キッドと見つめあう蘭。新一と恋人関係になったばかりなのに頬を染める蘭に対し、焦るコナンの様子が波乱の恋模様を予感させる。中央に写る京極と恋人の園子にも新たなラブの展開が期待できそうだ。

1/2ページ

最終更新:2018/12/5(水) 8:00
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事