ここから本文です

子どもの写真をなくさないために 「クラウドバックアップ」のススメ

2018/12/5(水) 6:00配信

ITmedia PC USER

 新iPhoneが発売され早2カ月半。私も1台購入しようと画策していますが、その前に対処しなければいけない問題が発生してしまいました。それは「容量不足」。家族で共有していたiCloudのストレージ200GBがあっさりあふれそうで、次は2TB、1200円/月のプランに移行することになります。

無料で写真をバックアップできるGoogleフォトの一覧画面

 2年ほど前は、私もわざわざiCloudの有料プランを購入する必要はないと思っていました。MacやPCでバックアップを行っていれば、わざわざクラウドに保存する理由もありません。あんまりクラウドを信用していなかったことも理由の1つです。しかし、時代が変わり、いまは積極的にクラウドを活用しようと思っています。もちろん、2TB1200円も契約予定。2TBもあればきっとしばらくは大丈夫でしょう……。

クラウドを活用すべき理由 大事な写真を失う前に

 その背景には、各社のクラウドサービスが安定し始めたこと、大容量も安価になってきたことだけでなく、ある狡猾(こうかつ)なサイバー攻撃の登場が関係しています。そのサイバー攻撃とは「ランサムウェア」。ランサムウェアとは、あなたのPCやMacのなかにある大事なファイルを暗号化し、元に戻してほしければ身代金を払えといったマルウェアのこと。感染に気が付いたときにはもう手遅れです。

 ランサムウェアは2016年ごろに多く報道されたこともあり、その存在、内容ともに知っているという方も増えたと思います。しかし、実のところ「自分のところには来ないのでは?」と楽観しているのではないかとも。そんな皆さんには、僚誌の@ITで掲載されている、ランサムウェアの被害に遭ったリアルな体験談を読んでほしいのです。

関連記事:「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る :セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝)

 2016年に掲載された内容は、実に生々しい被害の実態を示しています。ランサムウェアの本当の脅威は「データ暗号化で身代金を要求される」ということよりも、より具体的に「ランサムウェアはあなたが思い出として撮影した、大事な写真を奪う」ことだと考えてほしいのです。いま、多くの家庭ではフィルムを使ったカメラではなく、デジタルカメラを活用しているでしょう。つまり、写真という思い出はその多くが「デジタルなファイル」として、PCに保存されているはず。ランサムウェアは、その唯一無二の写真ファイルを狙うことで、身代金として対価を得ることを狙っています。

 生まれる前、生まれた直後、そして成長を記した我が子の写真データが、ランサムウェアによって一瞬にして無になる?そんなことを許せるわけがありません。

1/3ページ

最終更新:2018/12/5(水) 6:00
ITmedia PC USER

あなたにおすすめの記事