ここから本文です

Snapdragon 855をクアルコムが発表! 5Gスマホはもうすぐ

12/5(水) 16:00配信

アスキー

クアルコムはハワイで「Snapdragon Tech Summit」を開催、Snapdragon 855を発表した。
5G対応スマホは2019年には登場する
 クアルコムは、12月4日から6日(現地時間)に渡り、米ハワイ州で「Snapdragon Tech Summit」を開催する。初日にあたる4日の基調講演には、同社のクリスティアーノ・アモン氏が登壇。Snapdragonの最新モデルとなる「Snapdragon 855」や、このチップセットに採用される5Gソリューションを解説した。また、ゲストとしてサムスン電子アメリカの上級副社長、ジャスティン・デニソン氏が招かれ、「2019年前半に5G対応スマートフォンを米国で発売する」と明かした。
 

【もっと写真を見る】

 Snapdragon 855は4Gに対応したチップセットだが、5Gモデムの「Snapdragon X50 5G」と組み合わせることで、5Gに対応する。Snapdragon 855を発表したクアルコム・テクノロジーズの上級副社長、アレックス・カトウジアン氏は、「5Gがここにある」と語り、チップセットを披露。「小さなドラゴンではなく、最高のSnap“dragon”だ」と語りながら、そのパフォーマンスを紹介した。
 
Snapdragon 845よりも3倍向上した処理能力
 同氏によると、Snapdragon 855はCPU、GPU、DSPを活用し、AIの処理能力がSnapdragon 845よりもトータルで3倍向上しているという。ISPに物体やシーン認識といったAIの機能を持たせているのも特徴だ。製造プロセスは7nm。「最近発表された7nmのAndroid用チップで競合しているメーカーの製品と比べ、性能は2倍になる」(同)と胸を張った。メーカー名は伏せられていたが、ファーウェイ傘下のHiSiliconが開発した「Kirin 980」を意識した発言と見られる。
 
 また、Snapdragon 855は、超音波センサーを使った指紋センサーに対応。ディスプレーの下に埋め込む形になるため、指紋センサーを表面に露出させておく必要がなくなり、そのぶん、ベゼルのスペースを圧縮できる。指紋は3Dスキャンを行ない、「世界でもっともセキュアな認証方式」(同)になるという。
 
ミリ波を使った5Gの商用化が近づいている
 型番やミリ波も含めた5Gに対応することがうたわれたSnapdragon 855だが、4日の基調講演で明かされたのは、あくまで“さわり”といったところ。CPU、GPUの構成や、細かなパフォーマンスなどは、Snapdragon Tech Summit終盤で明かされるとみられる。初日の基調講演で強調されていたのは、5G、特にミリ波を使った5Gの商用化が近づいているということだ。ここには、先に挙げたクアルコムのSnapdragon X50 5Gモデムが使われるほか、同社が提供するアンテナソリューションの「QTM052」も必要になる。
 
 クアルコムのソリューションを使えば、sub-6(6GHz以下の周波数帯)だけでなく、周波数の高いミリ波もカバーでき、5Gの持つ本来の力を容易に発揮できる――これが、4日の基調講演全体を通してのメッセージだ。特に対応が難しいのが、28GHz帯や39GHz帯などのミリ波で、こうした周波数帯は、電波の直進性が非常に強くなるため、これまでの周波数帯とは、エリアの構築方法が大きく変わってくる。
 
 さらに、小型のスマートフォンでは、アンテナの実装が難しくなる。スマートフォンの場合、ミリ波だけに対応すればいいわけではなく、既存の4Gやsub-6なども利用できなければならず、ここに異なる周波数帯の電波を組み合わせるキャリアアグリゲーションなどの要素も絡み合ってくる。これらを満たしたうえで、今の薄さやバッテリーの持ちを維持しなければならない。アモン氏が、「5Gは周波数だけでなく、デバイスも非常に複雑だ」と語っていたのはそのためだ。
 
 こうした事情もあり、「2015年にはミリ波は機能しないといわれていた」(同)。これに対してクアルコムは、ビームステアリング技術を実現。2017年には「モバイルでのミリ波は不可能」(同)と言われていたところに、リファレンスデザインを投入。ミリ波に対する常識を同社の技術で覆してきた。
 
 そして、2018年には「対応できても端末を小型にできない」といった声に対し、モバイル向けのプラットフォームを発表。先に中国・香港で開催された「4G-5G Summit」では、現行のスマートフォンとほぼ同等サイズのミリ波対応リファレンスモデルを披露した。Snapdragon Tech Summitでは、アモン氏が改めてこのリファレンスモデルを紹介。「5Gは、ここにある」と高らかに宣言した。
 
サムスン電子とモトローラが
5G対応スマホの試作機を展示
 5G対応のスマートフォンは、2019年前半に登場する予定だ。冒頭で紹介したように、サムスン電子は米国で端末を投入する。ゲストに招かれたベライゾンの幹部も、これを認めている。ベライゾンでは、サムスン製スマートフォンのほか、モトローラの「moto z3」も「(moto modsによる)アップグレードで、5Gに対応する」(同)予定だ。
 
 Snapdragon Tech Summitの展示会場では、サムスン製の試作機が出展されていたほか、5G modsを装着したmoto z3も実機が置かれており、ベライゾンのデモ用ネットワークに接続する様子を確認できた。デモ環境ということもあり、一部不安定なところもあったが、moto z3では、1GBのデータを20秒未満でダウンロードできるなど、5Gの実力を垣間見ることができた。
 
日本が本格的に5Gをスタートするのは
2020年からの予定
 基調講演では、先のベライゾンに加え、米キャリアのAT&Tや、英EEの5G展開計画も披露された。ベライゾンは、すでに固定回線を代替する家庭用サービスとして5Gを商用展開しているが、モバイルでの活用も2019年早期に実現する予定だという。これに対し、AT&Tは2018年に12都市でスタートしていた5Gを、2019年は19都市に拡大。スマートフォンの発売も予定していることが語られた。EEも6都市に加え、10都市で2019年にサービスを開始するなど、2019年には、先頭集団となる国や地域で、5Gの商用サービス展開が本格化する。
 
 その他の国の状況は、アモン氏が紹介した。日本では、ドコモやKDDI、ソフトバンクが、2019年にプレサービスを開始。商用展開は、2020年に予定される。現在、年度末までの周波数割り当てを目指し、総務省がヒアリングなどを行なっている状況だ。日本でも、sub-6とミリ波の両方が5Gに活用される方針。Snapdragon Tech Summitで発表された、ミリ波に対応するソリューションのニーズも高まりそうだ。
 
 基調講演では、クアルコムの協業先として、キャリアではドコモやKDDIが紹介されたほか、日本の端末メーカーとして、ソニーやシャープ、富士通の名前も挙げられていた。5G対応のXperiaやAQUOS、arrowsが登場する日も、間近に迫っているといえそうだ。
 
文● 石野純也 撮影●石野純也

最終更新:12/11(火) 0:06
アスキー

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ