ここから本文です

「カント空港」は反愛国的? ロシアの飛び地、新名称めぐり物議

12/5(水) 15:43配信

AFP=時事

【AFP=時事】ポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛び地カリーニングラード(Kaliningrad)で、空港につける新しい名称をめぐって騒動が巻き起こっている。ケーニヒスベルク(Koenigsberg)と呼ばれた18世紀にこの地で生まれ、生涯のほとんどを過ごしたドイツの哲学者イマヌエル・カント(Immanuel Kant)が一時、投票でトップに立つと、ロシア海軍の幹部や地元議員らが猛反発。町内にある墓に塗料がかけられるなど、ゆかりの場所に被害が出る事態になっている。

【関連写真】新名称をめぐり論争になっているカリーニングラードの空港

「カントは祖国を裏切った」。地元メディアの映像によると、ロシア海軍バルト海艦隊(Baltic Fleet)のイーゴリ・ムハメツィン(Igor Mukhametshin)幕僚長(海軍中将)は閲兵時に行ったスピーチでそう言及し、新名称を選ぶオンライン投票でカントに投票しないようくぎを刺した。

 バルト海に面する港湾都市カリーニングラードは、第2次世界大戦(World War II)後に旧ソ連に編入され、ケーニヒスベルクからカリーニングラードに改名された。カントはプロイセン領だったケーニヒスベルク(Koenigsberg)で1724年に生誕。1804年に亡くなるまでこの地をほとんど離れず、その間に「純粋理性批判(Critique of Pure Reason)」をはじめとする傑出した理論書を著したほか、大学で教鞭をとった。

 カリーニングラードの空港の現在の名称は、近隣の村の名にちなむフラブロボ(Khrabrovo)空港。オンライン投票では最近までカントの名が首位となっていたが、激しい論争が沸き起こり、ムハメツィン幕僚長の発言につながった。

 幕僚長はカントについて「彼は大学の教職を得るほど身を落としたおかげで、教鞭をとったり、何冊かの奇書をものしたりできた」などともこき下ろした。

 カリーニングラードの地元議員アンドレイ・コレスニコフ(Andrei Kolesnik)氏も、政府寄りのウェブサイトへの寄稿で、カントが当時のロシア帝国に対して敵意を抱いていたという歴史的証拠はないにもかかわらず、カントを「ロシア嫌い」と決めつけ、空港を「ドイツ化」するのは愛国的でないと主張した。

 カントへの反発は言葉によるものだけではない。先週にはカントの墓のほか、記念碑、自宅跡の記念銘板がペンキで汚された。

 カントの墓を管理する聖堂の広報担当者はAFPに「カリーニングラードの住民、あるいはものを考える人間にとって、カントは特定の国の国民などではなく、世界的な影響力のある個人なのに」と困惑気味に話した。

 投票ランキングではその後、カントは急激に順位を下げ、18世紀ロシアの女帝エリザベータ・ペトローブナ(Empress Elizabeth)にリードを許している。ペトローブナ率いるロシア帝国軍は1758年にケーニヒスベルクを占領したが、5年後に放棄した。

 カントはその期間に地元大学で教職に就こうとして失敗している。

 ロシアのドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は4日、海軍幹部の動画は見ていないと断った上で、論争は空港の新名称計画に「人々が熱心であること」を示すものだと述べている。

 ロシアでは多くの都市で空港名の変更が進められており、カリーニングラード以外でも幾つかの都市で議論になっている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:12/5(水) 16:26
AFP=時事

あなたにおすすめの記事