ここから本文です

ロシア企業ヤンデックス、初のスマートフォン発表 巨大IT企業に対抗

12/5(水) 22:32配信

AFP=時事

【AFP=時事】ロシアのIT大手ヤンデックス(Yandex)は5日、ファンが長らく心待ちにしていた同社初のスマートフォンを発表した。

【関連写真】ヤンデックス初となるスマートフォンの発表会

 ヤンデックスはロシアや旧ソ連諸国で最も利用されている検索エンジンを提供。近年ではマーケットにおける同社のシェアを米グーグル(Google)から守るべく多角化を図っており、タクシー配車や料理宅配サービスを提供する人気スマートフォンアプリを開発している。

「Yandex.Phone」と名付けられた新スマートフォンは、6日から国内およびオンライン上での販売が開始される。価格は1万7990ルーブル(約3万430円)で、携帯端末用基本ソフト(OS)に「アンドロイド(Android)」を使用。デザインはヤンデックスが手掛け、製造は中国で行われる。

 スマートフォンには、支払いや音楽、地図、タクシー配車、料理宅配など、ヤンデックスのアプリが装備され、米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)の人工知能(AI)アシスタント「アレクサ(Alexa)」に似た「アリサ(Alisa)」も利用できる。

 ヤンデックスによるスマートフォンの発売は、同社の事業展開が重要な新局面に入ったことを示しており、米アップル(Apple)や韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)、中国の華為技術(ファーウェイ、Huawei)などのIT大手への対抗を狙うものだ。

 ヤンデックスは1990年代、グーグルに類似した検索エンジンとしてスタート。ロシアの人々は毎日のようにヤンデックスのアプリを利用し、同国のインターネット上では同社の影響力が隅々にまで広がりをみせている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:12/5(水) 22:43
AFP=時事

あなたにおすすめの記事