ここから本文です

亀梨和也、主演ドラマは偏見苦しむ男性役 アイドル要素封じ込め…「基本、鏡見ない」

2018/12/5(水) 13:58配信

デイリースポーツ

 KAT-TUNの亀梨和也(32)が5日、都内で行われたテレビ東京系主演ドラマ「東野圭吾 手紙」(19日放送。後9・00)の制作発表に出席した。

 強盗殺人犯の兄を持ち、偏見に苦しむ武島直貴を演じ、坂本九さんの楽曲「見上げてごらん夜の星」を歌うシーンも挑戦した。普段はアイドルとして格好良く歌い、ファンを魅了する亀梨は、「“なんちゃってアーティスト”としてやらせてもらっている部分もある。アーティストやっているとき癖が強め。役として素敵に聞こえないといけないし、普段のように歌うのも違うので、指導の下、作っていきました」と自虐を交えながら、直貴として歌いきったことを告白。直貴の兄・剛志を演じた佐藤隆太(38)ら周囲からは、「“なんちゃって”じゃないよ」と突っこみを受けていた。

 キラキラ輝くアイドル要素を消す努力をしながら役に入り込んだ。ビジュアル面はスタッフに任せ、目立たない存在になじませた。「トリートメントつけるのやめてみようとかささやかなことをした。潤っちゃってるなと。充血していたら目薬さしたりするのですが、生かしていこうとか。猫背にしてみるとか。基本、鏡を見ない。普段と違うルーティーンを持ったりした」。日常生活から“脱・亀梨”を心掛けて社会からさまざまな差別を受ける直貴を演じきったことを明かしていた。

 今作では佐藤と、直貴の妻役の女優・本田翼(26)と初共演だった。夫婦役を演じた本田とは「スーっといきましたね」と、すんなり馴染めたと笑顔。野球好きの亀梨は、阪神タイガースファンの佐藤とは面会のシーンとラストと重い場面しかなかったそうで、「野球がお好きなので話をしたいなと思いましたが、やの字もでないくらいだった」と残念がっていた。

最終更新:2018/12/5(水) 14:21
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事