ここから本文です

【阪神JF】シェーングランツ 馬なりのまま楽々と併入「直線の長い舞台は合っている」

12/5(水) 21:20配信

東スポWeb

【阪神ジュベナイルフィリーズ(日曜=9日、阪神芝外1600メートル)注目馬5日最終追い切り:美浦】一昨年に本レースを制したソウルスターリングの半妹シェーングランツ(写真左)は南ポリトラックで併せ馬。調教役の千島助手を背に、木幡育騎乗のストロボスコープ(古馬500万下)を2馬身追走。4角で内を回って差を詰めると、馬なりのまま楽々と併入に持ち込んだ(5ハロン69・6―54・2―39・5―12・7秒)。

 藤沢和調教師「見たか? あの身のこなし。柔らかくて本当にいいよな。力むところがないし、お姉さんとはやっぱり違うよなぁ。何でポリトラックで追ったのかって? ウッドは頭数が多いし、レイデオロが(天皇賞・秋の1週前に)脚を取られたこともあったからね。対して最近のポリトラックは柔らかくて、すごく状態がいいんだよ。けさは70―40くらいかな。タイムとしては速くないけど、十二分にレースを使ってきているから。これで予定通りだよ。輸送は慣れたものだし、直線の長い舞台も合っている。何より阪神コースは武(豊)くんの庭みたいなものだろうから」

最終更新:12/5(水) 21:20
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい