ここから本文です

大学院生ボクサー坂本真宏、大みそかマカオで世界初挑戦

12/5(水) 15:04配信

スポーツ報知

 プロボクシングの六島ジムは5日、IBF世界フライ級15位の坂本真宏(27)が31日、中国・マカオのウィンパレスで、同級王者のモルティ・ムザラネ(36)=南アフリカ=に挑戦すると発表した。WBOアジアパシフィック同級王者で世界初挑戦となる坂本は現役の大学院生。工学研究科(機械物理系専攻)に在籍する大阪市大で会見し「今まで支えて下さった方々への感謝を力に変える。ぶっ倒して勝つ」と意気込んだ。

 試合当日は、WBO世界スーパーフライ級1位・ドニー・ニエテス(36)=フィリピン=対同級3位・井岡一翔(29)=SANKYO=戦、IBF世界ライトフライ級スーパー王者のヘッキー・ブドラー(30)=南アフリカ=対同級1位・京口紘人(25)=ワタナベ=戦とのトリプル世界戦となる。

 ◆坂本 真宏(さかもと・まさひろ)1991年1月19日、大阪・堺市生まれ。27歳。泉北高2年時、友人に誘われてキックボクシングのジムに通う。1浪して大阪市大工学部に合格し、ボクシング部で競技を始める。2014年12月、六島ジムからプロデビュー。15年度、全日本フライ級新人王獲得。17年12月、WBOアジア太平洋同級王座獲得。身長164センチの右ボクサーファイター。家族は両親と兄。

最終更新:12/11(火) 7:45
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事