ここから本文です

【阪神JF】ラブミーファイン とにかく反応は良過ぎるが「しまいの脚は確実」

12/5(水) 21:55配信

東スポWeb

【阪神ジュベナイルフィリーズ(日曜=9日、阪神芝外1600メートル)聞かせて!核心】札幌2歳S→東京スポーツ杯2歳Sと重賞を連勝中のニシノデイジーを初戦で破っているのがラブミーファイン。2走前の札幌2歳Sこそ8着に敗れたが、前走のファンタジーSでは見せ場十分の4着。やはり侮れない存在だ。担当の杉山誠二助手(51)の手応えはいかに!?

 ――ファンタジーSを振り返って

 杉山助手:放牧先から帰厩してレースまで2週間。あくまで目標はここだったので調整途上の面もあった。レースでも後手に回ってかかる面を見せながらも、小差の4着でしたからね。苦しい展開であれだけの競馬ができたのは収穫だった。

 ――中間の雰囲気は

 杉山助手:レースでのダメージもなく、使ってからグンと良くなっている。装鞍して450キロほどなので体重は前走時(438キロ)とそう変わらないと思うけど、いい筋肉がついてきた。ひと叩きしたことで中身は違ってきているよ。

 ――新馬戦ではニシノデイジーを負かしている

 杉山助手:デビュー戦はスローでもうまく折り合っていたからね。道中は番手で脚をためて、最後は突き放していた。前走もそうだけど、出して行くとかかるように、とにかく反応が良過ぎる馬。コントロールを利かせて、しまいを生かしたほうがこの馬にはいいんじゃないかな。

 ――舞台は阪神外回り

 杉山助手:じっくり構えて運べるコースだし、距離もマイルくらいのほうがいいと思っている。ポンとゲートを決めて、出たなりの位置で我慢できれば、しまいは確実に脚を使う。コース替わりの心配はしていない。

 ――最後に手応えを

 杉山助手:ここへ向けて調整は順調。(函館2歳Sの2着時に騎乗して)癖を知っている鞍上(丸山)が持ち味を引き出してくれれば、差のない競馬ができるんじゃないかな。

最終更新:12/5(水) 21:55
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ