ここから本文です

東京五輪、開催国枠審議を先送り

2018/12/5(水) 16:32配信

共同通信

 2020年東京五輪のバスケットボール男子で日本への開催国枠付与について、国際バスケットボール連盟(FIBA)が8日からの理事会で予定していた審議を先送りすることが5日、関係者の話で分かった。10月にパトリック・バウマン事務総長が急逝したことにより、後任の人選が最優先となったため。

 日本協会は今後、来年3月以降の理事会で話し合うよう働き掛ける。当初は来年のワールドカップ(W杯)の結果を受けて判断するとみられたが、国際オリンピック委員会(IOC)の要請で前倒しして協議する方針となっていた。

 開催国枠の確約には世界で戦える実力を示すことが条件だった。

最終更新:2018/12/5(水) 16:35
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事