ここから本文です

舘ひろし 海外での受賞は「字幕で私の稚拙なセリフがバレなかった」

2018/12/5(水) 19:38配信

デイリースポーツ

 俳優の舘ひろし(68)が「第47回ゆうもあ大賞」を受賞し、5日、都内で行われた表彰式に出席した。同賞は“ユーモア”で貢献し、世の中に明るい話題を提供した人物に贈られ、舘は王貞治ソフトバンク球団会長(78)、女優の戸田恵子(61)とともに受賞した。

【写真】舘ひろし、志田未来が「お芝居の師匠」!?

 定年した冴えないサラリーマンをユーモラスに演じた「終わった人」に主演した舘は、「小学校以来、賞状というものは無縁でした。今年はモントリオール映画祭の最優秀男優賞もいただきました」と年間2つ目の栄誉に感激。それと同時に男優賞の理由を自分なりに考えたとした。

 「女の涙と自分の芝居は信用できないというのがモットー。滑舌が悪くてセリフが苦手で…」という舘は、「男優賞はカナダのモントリオールで字幕スーパー(上映)。私の稚拙なセリフがバレなかったのが、受賞の原因でした」と笑わせた。

 また、王会長が「一番自分と遠いところにあるのがユーモア」と自虐的に話した後、報道陣から「ユーモアの塊」と言われた舘は「そうですね。もう少しマジメになれとよく言われます」と同意。「王監督の爪のアカを煎じて飲みたい」と希望したが、王会長から「窮屈だからやめた方がいい」と返されていた。

最終更新:2018/12/5(水) 19:52
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事