ここから本文です

トヨタ、購入済み車に新安全装置=高齢者の急発進事故防止

12/5(水) 19:00配信

時事通信

 トヨタ自動車は5日、アクセルをブレーキと踏み間違えて急発進する事故を防ぐ新安全装置を開発したと発表した。購入済みの車に取り付けが可能で、トヨタは高齢者に多い急発進事故を防ぐため、対応車種を順次拡大する計画だ。

 同日からハイブリッド(HV)2車種向けに発売を開始。当初は「プリウス」(発売期間2009年5月~15年12月)と「アクア」(同11年12月~18年4月)の計約227万台が対象となる。

 車体前後に付けたセンサーが進行方向3メートル以内にある人や壁などを検知。即座にブザー音で注意喚起した上で、強くアクセルを踏んで前進しようとしたり、バックで時速約5キロ以上に達したりした場合に加速を抑える。運転席の画面にアクセルから足を離すよう文字で警告も出す。価格は5万5080円で別途工賃が必要。 

最終更新:12/5(水) 20:26
時事通信

あなたにおすすめの記事