ここから本文です

【日本ハム】西川、2年4億円 若手の相談役に立候補「サポートしてあげたい」

12/6(木) 6:06配信

スポーツ報知

 日本ハムの西川遥輝外野手(26)が5日、若手の相談役に立候補した。札幌市内の球団事務所で契約を更改し2年総額4億円プラス出来高でサイン。プロ9年目の来季は「若い子たち、伸び悩んでいる子たちをサポートしてあげたい」と意欲。「僕が若い時は稲葉さんに相談させてもらった。相談されるようにならないといけない」と侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)を理想に掲げた。

 今季は自己最多44盗塁で2年連続3度目の盗塁王と、2年連続2度目のゴールデン・グラブ賞を受賞。2割7分8厘に終わった打撃面は、3割を目標に掲げた。今季パ・リーグ打率1、2位の柳田、秋山に対し「(2人が)いつアメリカに行くかもしれないし、いる間に上に立ちたい」と宣戦布告。早ければ2020年に国内FA権を取得する韋駄天(いだてん)は「打ちすぎ、走りすぎはないので」とグラウンド内外で若手を牽引(けんいん)するつもりだ。(秦 雄太郎)

最終更新:12/7(金) 22:20
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい