ここから本文です

貴ノ岩、解雇も…暴行で今度は加害者 ある力士は「またか…」常習性証言

12/6(木) 6:06配信

スポーツ報知

 大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が冬巡業中の4日夜に福岡県内で付け人に対して暴行を加えていたことが5日、明らかになった。日本相撲協会はこの日、巡業先の福岡から本人を帰京させて事情聴取。平手と拳で4、5発殴打した事実を認めて謝罪したと発表した。付け人から被害届は出されていない。貴ノ岩は昨年10月、元横綱・日馬富士関から暴行を受けた被害者だが、一転、加害者になった。協会からは当面の部屋での謹慎処分を言い渡されたが、今後の厳罰は避けられない状況だ。

【写真】美し過ぎると評判の貴景勝の母・純子さん

 あってはならない暴行問題が、角界でまた起きた。冬巡業に参加していた貴ノ岩が4日夜、宿泊先の福岡・行橋市内の宿舎で弟弟子の付け人に暴行した。5日朝に被害者の付け人が巡業の稽古場に姿を見せなかったことから、協会関係者が呼び出して問題が発覚。すぐに病院で治療を受けさせ、大きな外傷はないものの、頬が腫れ上がっているという。

 事態を重くみた日本相撲協会は即、福岡から貴ノ岩を帰京させた。この日午後に師匠・千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)同席のもと、両国国技館で鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)が事情聴取。激高した理由について「(付け人が)忘れ物の言い訳をしたから」と説明し、平手と拳で4、5発、頬を殴打した事実を認めて謝罪した。付け人からの被害届は出されていない。

 殴られた痛みを忘れてしまったのか。貴ノ岩は昨年10月に元横綱・日馬富士関から頭部などへの暴行を受けた被害者だった。今年10月には暴行被害が力士生命にかかわる負傷だったとして約2400万円の損害賠償を求めて民事提訴(その後取り下げ)した。その一方で、加害者としての一面も見え隠れしていた。今回の付け人暴行を知ったある力士は「またか…」と貴ノ岩の常習性をつぶやいた。過去には、他の部屋の若手力士を殴打していたとする証言もあった。

 同じ千賀ノ浦部屋の弟弟子、小結・貴景勝が11月の九州場所で初優勝した快挙に冷や水を浴びせる愚行だ。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「自覚がないんでしょう。関取は指導しないといけない立場。自分も被害に遭った状況にありながら、どうなっているのか。さらに厳しく対処していく」と怒りをにじませた。

 協会側は6日にも付け人から聞き取りを行う予定。貴ノ岩は当面、部屋での謹慎処分と冬巡業の途中休場を言い渡された。10月25日に八角理事長(元横綱・北勝海)が「いかなる目的でも許さない」とする暴力決別宣言を発表し、根絶への断固たる姿勢を示したばかり。今後は理事会を経て正式な処分が決まるが、解雇を含めた厳罰が検討されることは避けられない。

 ◆貴ノ岩 義司(たかのいわ・よしもり)1990年2月26日、モンゴル・ウランバートル出身。28歳。16歳で鳥取城北高に相撲留学し、卒業と同時に貴乃花部屋(現在は千賀ノ浦部屋)に入門した。初土俵は09年の初場所。12年の名古屋場所で新十両、14年の初場所でそれぞれ新入幕を果たした。最高位は前頭2枚目。得意は右四つ、寄り・投げ。182センチ、150キロ。

 ◆大相撲の主な暴行事件

 ▽06年7月 幕内・露鵬が男性カメラマンに暴行して3日間の出場停止

 ▽07年6月 当時17歳の時太山(本名・斉藤俊さん)が師匠・時津風親方(元小結・双津竜)や兄弟子3人から暴行を受けて死亡。4人は傷害致死容疑で逮捕され、協会を解雇

 ▽10年1月 横綱・朝青龍が優勝した初場所中に泥酔して知人男性を暴行したとされる問題で現役引退

 ▽17年10月 鳥取市内で幕内・貴ノ岩が横綱・日馬富士に頭部などを殴られ負傷し2場所連続休場。日馬富士は現役を引退

 ▽18年3月 十両・貴公俊が春場所中の支度部屋で付け人に暴行。場所を休場して1場所の出場停止処分を受けた

最終更新:12/7(金) 23:29
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ