ここから本文です

渋谷ハロウィーン車横転 十数人を特定、立件へ 警視庁

12/5(水) 8:19配信

産経新聞

 10月のハロウィーン直前の週末に東京都渋谷区宇田川町のセンター街で軽トラックが横転させられた事件で、警視庁捜査1課が関与した疑いのある十数人を特定したことが4日、関係者への取材で分かった。聞き込み捜査や防犯カメラの画像などから絞り込んだといい、同課は暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)容疑などでの立件に向け、捜査を進めている。

 関係者によると、通行人が撮影した動画なども詳細に鑑定。当日は発生前後の時間帯を含め現場周辺には数万人の人出があったとみられるが、十数人が関与したとされる状況とその前後の足取りについて確認を進め、10~30代の外国人や学生らの身元を特定した。

 事件は10月28日午前1時ごろに発生。ハロウィーン客らで混雑するセンター街の路上で、男性の運転する軽トラックが取り囲まれ、数人が運転席の屋根の上に乗るなどした後、横転させられた。車体の一部が破損する被害が出たが、男性は途中で運転席から逃げ出しており、けがはなかった。男性が渋谷署に被害届を提出していた。

 渋谷のハロウィーンでは今年、痴漢や盗撮、けんかなどのトラブルが続出。警視庁によると、10月27日~11月1日、都迷惑防止条例違反(痴漢)や窃盗などの容疑で19人が逮捕された。住民や駅利用者からの苦情も相次ぎ、長谷部健区長が「来年以降は代々木公園を使ったり、有料制イベントにしたりするアイデアもあり、対策を練りたい」などと発言している。

最終更新:12/5(水) 12:48
産経新聞

あなたにおすすめの記事