ここから本文です

南相馬-飯舘の八木沢トンネル 開通後初の防災訓練

2018/12/5(水) 10:02配信

福島民報

 福島県南相馬市原町区大原と飯舘村八木沢を結ぶ八木沢トンネル(延長二千三百四十五メートル)で四日、事故発生時の情報伝達や救助の手順を確認する防災訓練が行われた。訓練は三月のトンネル開通後、初めて。 
 県相双建設事務所、南相馬署、相馬地方広域消防本部の合同で、約五十人が参加した。飯舘村方面から南相馬市方面に走行していた車が南相馬市側入り口付近で対向車線にはみ出し、壁に衝突。運転手が車内に閉じ込められ意識不明となり、車両火災が起きた-との想定で実施した。 
 事故車両を発見した人がトンネル内の非常用電話で一一〇番と一一九番通報した。消防隊がけが人を救助し、消火活動に当たった。 

福島民報社

最終更新:2018/12/5(水) 10:39
福島民報

あなたにおすすめの記事