ここから本文です

個性派パンが大豊作! 週末は“千葉パン”の旅へ

12/5(水) 6:30配信

食べログマガジン

パンラバー ひのようこさんが教えてくれた、日帰りパンの旅 in 千葉

パンラバーは千葉を目指す!?  〈こんがりパンだパンクラブ〉のひのようこさんをナビゲーターに迎え厳選したお店をお届け。

ひのさんに聞く、“千葉パン”の魅力【あれも食べたい、これも食べたい!個性派パンの大豊作地帯】

近年、個性溢れるパンが並ぶ店がいくつも出現し、全国のパンラバーが熱い視線を注ぐのが千葉エリア。ファミリー層が中心の郊外ならではのバラエティに富んだ品揃えや、都心の店にはないリーズナブルな価格帯ほか魅力たっぷり。

ナビゲーターは「夏の鎌倉とおいしいパン」でもおすすめアドレスを教えてくれた、〈こんがりパンだパンクラブ〉のひのようこさん。「私の出身地でもある千葉には、時間をかけてもまた行きたくなるような、個性的なパン屋さんが多いんです。一口に千葉といっても広いので一回ではなかなか回り切れないとは思うのですが、休日のドライブのコースにしてみたり、遠足気分で訪れたりするのはいかがでしょうか。お散歩にぴったりの公園や海岸も多いので、焼きたてのパンを買って、外の空気を感じながら食べるといった“千葉パン”ならではの楽しみ方もできます」。

そんな生粋の“千葉パン”ラバー、ひのさんが厳選したお店をご紹介。今回は鎌ケ谷の人気店「こだわりのパン工房 パラオア」へ。

多彩な小麦の魅力を存分に。ソフト&ハードなパンのオールスター戦【鎌ケ谷「こだわりのパン工房 パラオア」】

ひのさんが「どれもまず見た目で“これは絶対おいしいに違いない!”と確信できる美しさが特徴。もちろん味も絶品!」と太鼓判を押すのが、東京のベッドタウンとして発展を続ける鎌ケ谷に店を構える「こだわりのパン工房 パラオア」。ハワイ語で「小麦粉、パン」を意味する店名は、オーナーシェフの池口康雄さんの娘さんがフラを習っていたことから、「フラのスピリットに共感して」名付けたのだそう。コンパクトなカフェスペースもある店内には、常時100種類以上のパンがずらり!

ひのさんのスタメンパン 力強いライ麦と溢れ出すチェダーチーズがベストマッチ

【セーグルチェダーチーズ】
酸味のないライ麦パンに濃厚な味わいのチェダーチーズをのせて焼き上げた、熱々で食べたいパン。溶け出したチーズが天板の上でカリカリになった部分の香ばしさもたまらない。セーグル生地は「修業していた店で作っていたものを改良しました。雑穀の味がそのまま楽しめるように考えています」と池口さん。渋皮栗と甘栗の甘露煮、それにヘーゼルナッツの入った「セーグルチェストナッツ」も人気だ。ひのさんも「ここのパンはパン生地と具材、全体のバランスが絶妙なんです」と満足。(250円)

1/3ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ