ここから本文です

クリスマス、大掃除に使える! 100均「セリア」のオススメ最新アイテム

2018/12/5(水) 12:07配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。12月4日(火)の放送は、100円ショップ「Seria(セリア)」の東京営業所副所長・大鳥羽邦彦さんにセリアの人気商品について教えてもらいました。

【写真を見る】「事故物件」の見分け方を学ぶパーソナリティの高橋みなみ

たかみなも足を運んだことがあるという人気100円ショップ「セリア」は、2003年に岐阜県大垣市に「Seria生活良品」として1号店が誕生。現在では、全国で1,500店舗以上となっています。
キッチン用品や文房具など(食品や印鑑を除く)あらゆるものが全て100円で販売され、その商品数はなんと約2万点。日々の販売データや市場、SNSなどを調査しながら商品開発をおこない、新たに開発されたものを含め、月に500~600点もの新商品が発売されているそうです。

これからの時期には欠かせないクリスマスアイテムも豊富で、なかでもオススメは、大人シックなクリスマスを彩るアイテムとして活躍しそうな「ウッドフラッグガーランド」と「PPタペストリーノエル」です。
特に「PPタペストリーノエル」は、裏面にフックが付いているので簡単に壁にかけることができ、なおかつオーナメントも飾れて自由にカスタマイズ可能。ツリー代わりにピッタリだとか。
そのほか、ホームパーティーに使えるアイテムとして、カラフルな色使いが映えるメッセージカード「組み立て式オーナメントカード トゥインクルクリスマス」や、バリエーション豊富でとにかくかわいい「クリアバッグM ニャンタクロース」も紹介してくれました。

クリスマスが終わるとやってくるのは年末の大掃除。そこで大活躍するのが「マイクロファイバー お掃除手袋」です。これは手袋型なので場所を選ばず、細かいスキマなどにも使え、なおかつ水拭きもOKなので、水回りにも使える優れもの。

数多くの商品があるなかで、外国人の方々が好みそうなのが、お相撲さんや歌舞伎など日本ならではのものがモチーフとなっている文房具です。レターセットやメモ帳、ポチ袋など、これも種類が豊富で、とりわけたかみなが気に入っていたのは付箋。忍者やお姫様などが描かれているのですが、そのなかになぜか“おかん”が混じっているユニークなセンスも注目です。

なお現在、100円ショップ「セリア」にまつわる川柳を募集中です。グランプリ(5作品)には豪華賞品もあるそうなので、興味のある方は「セリア」のWebサイトをチェックしてみてください。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2018年12月4日放送より)

最終更新:2018/12/5(水) 12:07
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事