ここから本文です

食う、寝る、遊ぶ、出すはできている? 子どもが具合が悪くなった時見るべきポイント

12/5(水) 17:02配信

BuzzFeed Japan

小さい子どもは、本当によく熱を出します。

日中はお熱があっても元気そうで、このまま病院に行かなくても大丈夫そうかな、なんて思っていても、夜になると、いつもよりもぐずったり、なかなか子どもが寝付かなかったり。そして体温計を見ると、38度、39度、40度…...。

このまま上がり続けたらどうしよう? 様子を見ていいのかすぐに救急に行くべきなのか。迷いますし、とても心配になります。

こんな時にどうしたらいいのか、悩んだ親の1人として新しく親になった皆さんに伝える活動をしています。一緒に考えていきましょう。
【寄稿:阿真京子・一般社団法人「知ろう小児医療 守ろう子ども達の会」代表】

昨日まで元気だった我が子が急変する体験

10数年前、初めての、まだ0歳の赤ちゃんを育てながら、そんな夜をいくつか過ごしていた私ですが、夜中に子どもが急変して救急車で運ばれて、意識がなくなりました。

「明日、目が覚めますか?」という私の問いに、医師が言った「それはお答えできません......」という言葉。

そのときに、こんな風に昨日まで元気だった子が、あっという間に具合が悪くなってしまうことがあるんだと驚きました。

子どもの急変は6時間あれば十分、という言葉を小児科の先生から聞いたことがありましたが、本当にその通りだなと思いました。

その日1日だけ重症であったうちの長男ですが、当時の自宅は消防署から徒歩で2~3分、大学病院までも自転車で10分かからない、という場所にありました。

その時に思ったことは、救急車がなかなか来ないとか、来ても受け入れ先がなくて出発しないとか、そのような問題が起きたり、夜間の救急外来でもなかなか診てもらえなかったりしたら、いま、この元気に成長している子はどうなっていたんだろう、ということでした。

いろんな幸運が重なって、そして医療者の方たちが、目の前の子どもの命を守りたいと懸命に治療をしてくださったからこそ、こうして元気にしているけれど、なにかひとつでも歯車が狂っていたらどうなっていたんだろう。

そんな、恐怖を感じたのでした。

1/3ページ

最終更新:12/6(木) 0:34
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ