ここから本文です

先代プリウス&アクア用のペダル踏み間違い加速抑制装置が登場

2018/12/5(水) 14:18配信

オートックワン

後付の踏み間違い加速抑制装置が登場

トヨタは、販売店装着の純正パーツとして、後付可能な踏み間違い加速抑制システムを新たに販売する。2018年12月5日より、全国のトヨタ車両販売店を通じて販売される。対象となるのはプリウスとアクア(年式・グレード指定あり。詳細後述)で今後、対象車種を広げていく。

>>パーツ装着イメージをもっと見る

近年、駐車場での高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増えてきている。また、ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備への要望が多く出され、これを受けて本パーツの開発が決定した。

トヨタは、「交通事故死傷者ゼロ」の究極の目標に向け、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」の新型車への採用を進めているが、それらの先進安全装備が装着されていない車両には依然として事故のリスクはあった。今回は、今のクルマに長く乗っているユーザーにも朗報となる。

商品詳細

■対象車種
・プリウス(2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデルが対象。G's、ウェルキャブ全車は対象外)
・アクア(2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデルが対象。G's、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車は対象外)

■本体価格:55,080円(消費税込み)

オートックワン編集部

最終更新:2018/12/5(水) 14:20
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事