ここから本文です

幼稚園のお弁当、作り方のポイント

2018/12/5(水) 12:22配信

ベネッセ 教育情報サイト

幼稚園のお弁当作りでは、どんな点に気をつけるといいのでしょうか? お子さまにおいしく食べてもらうためのポイントをまとめました。簡単にできるお弁当アイディアもご紹介します。

幼稚園のお弁当、作り方の基礎知識

幼稚園のお弁当作りでは、まず全部食べきれることを目標に。幼稚園の「ごちそうさまでした」の時間までに食べ終えることができるよう、量を加減したり、手でつかめる形にしたりして工夫するといいですね。
ごはん:主菜:副菜=3:1:2の割合で詰めるのが目安です。主菜となるお肉やお魚、卵などを使ったメインのおかずひとつと、副菜となる野菜を中心としたおかずをふたつ用意するといいでしょう。緑(ピーマンやブロッコリーなど)、赤(トマト、にんじんなど)、黄色(コーン、かぼちゃなど)、黒・茶色(ひじき、のり、きのこなど)といった色合いを組み合わせると、彩りが豊かになります。

簡単にできる幼稚園のお弁当アイディア

のりの上にごはんと具材をのせ、のりで包む「おにぎらず」は、幼稚園のお弁当にもおすすめです。いろいろな具材で楽しむことができ、お子さまにも食べやすいのが特徴。焼き肉や卵焼き、ほぐした焼き鮭などを具材にすれば、主菜を兼ねることもできます。
飾り切りで、ミニトマトをお花の形にしたり、ウインナソーセージをカニさん形にしたりするのもおすすめです。ちょっとした手間で、いつもの一品がかわいらしく変身します。また、ハンバーグやから揚げ、かぼちゃサラダなどを、まとめて作って冷凍しておくと便利です。小分けにしておかずカップに入れたものを、密閉容器に入れて冷凍保存します。朝、冷凍のままお弁当に入れれば、保冷剤代わりにも。

お子さまにとっては、食べ慣れたおうちのかたの料理が何よりうれしいもの。前日の夕食を取り分けておいたり、冷凍しておいたりすると作る負担も軽くなります。お弁当に詰めるときには、水気をしっかり切り、熱いものは冷ましてから詰めましょう。

※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです。

あなたにおすすめの記事