ここから本文です

話題をさらった折り畳みドローンが更に進化! 光学レーダーや最新AIを搭載した「Hover 2」

12/5(水) 15:00配信

bouncy

Zero Zero Robotics社が開発し、2年前に話題を呼んだ折り畳み式小型4Kドローン「Hover Camera Passport」が、光学レーダーや最新AIを搭載した「Hover 2」にアップデートして登場した。

すでにクラウドファンディングサイトKickstarterにて資金調達に成功。現在499ドル(約51,000円)からのコースに申し込むと製品を入手可能で、2019年3月の出荷が予定されている。

光学レーダーで更なる空間把握能力を備えた次世代ドローン

新たに搭載された高性能の光学レーダーにより、周囲360度の深度情報を読み取り、障害物を避けながら自動でホバリング撮影が可能な「Hover 2」。

2軸ジンバルに搭載されたカメラで、4K解像度の動画撮影と1200万画素の静止画撮影を楽しむことができる。

アップデートしたAIでより正確な自動追尾が可能

「Hover 2」は、アップデートしたAIにより被写体をより正確に認識でき、フレーム内に常に被写体を捉えながら自動追尾してくれる。全モデルからの更なる軽量化により最大飛行
時間も10分→23分にアップしており、より長く様々なシーンで活用できるだろう。

とどまる所を知らないドローンの進化で、次はどんな画が撮れる?

Zero Zero Robotics

Viibar.Inc

最終更新:12/5(水) 15:00
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ