ここから本文です

踏み間違い時に加速抑制 トヨタが後付け装置発売 まず「プリウス」「アクア」から

12/5(水) 17:50配信

乗りものニュース

前後約3m以内の壁などをブザーで通知

 トヨタは2018年12月5日(水)、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる加速を抑制する後付け可能なシステムを発売しました。

この記事の画像をもっと見る

 車両の前後に付けた超音波センターで、前方や後方約3m以内にある壁などを検知。ブザー音(ピッピッピッ…)で注意喚起します。それでも間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった場合や、バック時に5km/h以上でアクセルを踏んでしまった際は加速を抑制。同時にブザー音(前進時は「ピー…」、後退時は「ピピピピ…」)が鳴り、車内の表示機にアクセルを離すよう文字が出ます。

 装着できるクルマは、2009年5月18日~2015年12月8日に販売された「プリウス」と、2011年12月26日~2018年4月2日に販売された「アクア」(いずれも一部除く)。価格は5万5080円です(消費税込。取付費など諸費用別)。

 トヨタは新型車に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」などの採用を進めていますが、事故を減らすため、販売済みのクルマにもこの「踏み間違い加速抑制システム」を提供するとのこと。対象車種は今後、広げていくとしています。

乗りものニュース編集部

あなたにおすすめの記事