ここから本文です

名古屋の繁華街でアライグマ捕獲 一見かわいらしいが凶暴性も

2018/12/5(水) 17:11配信

中京テレビNEWS

中京テレビ 「キャッチ!」 12月5日放送より

 11月末、名古屋の街中に出没したアライグマ。12月4日にワナを設置したところ、子どものアライグマが1匹捕まりました。目撃情報によると、少なくとも、あと3頭いるとみられています。都心部に根付いて繁殖しているのでしょうか?


 5日午前、名古屋市中区の住宅街に現われた1台の車。作業員の男性が覗き込んだ先にいたのは、1匹のアライグマ。

 中区新栄の住宅街で、アライグマが捕獲されました。

「捕まってよかった」
「凶暴だとか」(近所の人)

 近所の人も安堵の表情を見せるアライグマの捕獲。

繁華街に出没したアライグマ3匹

 11月末にこの近辺ではアライグマが相次いで目撃されていました。

「かなり毛もふさふさとしていて、丸っこいアライグマです」(記者)

 取材班のカメラの前に姿を現したアライグマ。食べ物でも探しているのでしょうか?落ち着かない様子で動き回っていました。

 別の映像には、親子とみられる3匹のアライグマの姿も。


 一見可愛らしい姿のアライグマ。しかし、鋭い爪や歯を持っていて、人がけがをする危険性があることから名古屋市は、捕獲に向けてワナを仕掛けることに。

 そして、4日に設置したのは、4か所で10個のワナ。

 捕獲用の檻の中でエサにしたのは、アライグマの大好物の唐揚げとスナック菓子。

 すると、ワナを設置してから一夜明けた5日の朝。1か所の檻で、子どものアライグマが捕獲されているのが見つかりました。

「こうやって人に囲まれていてもおとなしくしているので、そういう環境で育った個体(アライグマ) なのかなと思っております」(なごや生物多様性センター 高尾知基 主幹)

 名古屋市では、もともと飼われていたアライグマが野生化し、繁殖したものとみています。

 今回捕獲されたアライグマとは別に少なくとも3匹がいるとみていて、目撃された現場付近に当面の間ワナを設置することにしています。

「見た目のかわいさとは裏腹に、結構、獰猛(どうもう)な面もあって、うかつに捕まえようとするとアライグマは恐怖を感じ逆に攻撃するので、手は出さないようにしてもらいたい」(なごや生物多様性センター 安田健一 主事)

 名古屋市では、今回捕獲したアライグマは、殺処分にする方針です。

中京テレビNEWS

最終更新:2018/12/5(水) 17:11
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事