ここから本文です

ビジャレアル戦でリーガ初得点をマークしたアレニャ、トップチーム登録に

2018/12/5(水) 18:01配信

SPORT.es

バルサはラ・リーガにおいてカルレス・アレニャをフィリアルからトップチームへ選手登録を変更した。
この変更はラフィーニャの長期離脱により空いた穴を埋めるために行われた。

アレニャ「カンプ・ノウでゴールという夢が現実に」

ラ・マシア出身の若きアレニャは最近はずっとトップチームに帯同していたが、6月に怪我を負った後、プレーリズムを取り戻すためにバルサBでプレーできるようフィリアルの選手として登録されていた。

アレニャが正式なトップチームの一員として輝かせる背番号はアンドレ・ゴメスが昨夏、エヴァートンへ去った事で空き番となっていた“21”である。
アスルグラナの21番はこれまでの歴史の中で以下のような選手達が袖を通している。
プロシネツキ(1995-96)、ルイス・エンリケ(1996-2004)、テュラム(2006-08)、フレブ(2008-09)、チグリンスキー(2009-10)、アドリアーノ(2010-16)、アンドレ・ゴメス(2016-18)

日曜日にカンプノウで行われたビジャレアル戦でリーガ初ゴールをマークしたアレニャはこれまで26番を着用していた。

アレニャは既にトップチームで合計10試合(リーガ:5、コパ・デル・レイ:5)に出場し、2ゴール(リーガ:1、コパ・デル・レイ:1)を記録している。
デビューは2016/2017シーズンのコパ・デル・レイのエルクレス戦だった。同一戦では値千金の同点ゴールをマークした。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2018/12/5(水) 18:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事