ここから本文です

バルサ、トップチームの選手達がヌニェスに敬意表す

2018/12/5(水) 20:19配信

SPORT.es

FCバルセロナのトップチームは3日に他界した元会長のジョゼップ・リュイス・ヌニェスに敬意を表すためにカンプノウに設置されたメモリアルエリアを訪問した。

ヌニェス元会長逝去に関するバルサの公式声明

左膝の手術を受けたラフィーニャを除く全選手が17時頃にクラブのバスでスタジアムに到着した後、ヌニェスに最後のお別れを告げるためにメモリアルエリアで5分間ほど追悼を行った。

監督のエルネスト・バルベルデ率いるチームは元会長の肖像画の前で列を作り、元会長のジョゼップ・マリア・バルトメウなどクラブ幹部と一緒に公式写真の撮影を行った。

その後、チームはシウタ・エスポルティーバ・デ・サン・ジョアン・デスピに向かい、5日(水)に行われるコパ・デル・レイのラウンド32、クルトゥラル・レオネサとの2ndレグに向けた最終調整を行った。

その他にFCバルセロナのホッケーやハンドボールのトップチーム、下部組織、アマチュアスポーツのチームなども訪問した。
5日にはバスケットボール、フットサル、女子サッカーのトップチームも訪問する予定となっている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2018/12/5(水) 20:19
SPORT.es

あなたにおすすめの記事