ここから本文です

SB松田遼100万円減 阪神から移籍も登板2試合「テレビで日本一見ていた」

2018/12/5(水) 14:19配信

西日本スポーツ

 ソフトバンク松田遼馬投手(24)が5日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、100万円ダウンの年俸1400万円でサインした。(金額は推定)

【写真】ユニホーム間に合わず…松田遼すごい背番号で登場

 プロ7年目の今季、阪神では開幕から1軍登板がなく、7月末にサウスポー飯田優也とのトレードでソフトバンク移籍。登板は8月の2試合にとどまり、0勝0敗、防御率6・00だった。

 「来年頑張ってくれという言葉もいただいた。来年は開幕から1軍で投げられるようにしたい。もっともっとやれたなというシーズンだった」と不完全燃焼の思いを口にし「(チームが)日本一になれたけど、テレビで見ていたので。来年はその輪に入れるように頑張っていきたい」と意気込みを新たにした。

 今オフのメインテーマは体力強化。年明けは地元・長崎で始動し、その後、同僚の武田らと福岡で合同自主トレを行う。「(武田は)同級生ですし、声をかけてくれてすごくありがたい」と話した。

西日本スポーツ

最終更新:2018/12/6(木) 1:02
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事