ここから本文です

ソフトバンク岡本100万円増の1500万円 いきなり「交流戦開幕投手」手当

2018/12/5(水) 17:53配信

西日本スポーツ

 ソフトバンク岡本健投手(26)が5日、ヤフオクドーム内で契約交渉に臨み、100万円アップの年俸1500万円でサインした。(金額は推定)

【写真】岡本プロ初先発、甲子園で無失点!

 5年目は自己最多の23試合に登板し1勝0敗、防御率3・05。先発陣にアクシデントが続発していたチームにあって、交流戦開幕の阪神戦では甲子園で緊急のプロ初先発。4回無失点で乗り切る一幕もあった。

 7月末に右肘痛で離脱し、9月に手術を受けてシーズンを終えた。「最後はケガしてしまった。そこだけは悔いが残る。一年間、1軍でプレーする大変さはすごく感じた。自分にプレッシャーをかけて、来年は一年を通じてやらないと」と意気込みを新たにした。

 術後2カ月半が経過し「肘の方は不安がなくなってきている。違和感も多少ありますけど、手術したら慣れていかないと。2回目なんで、だいたい分かる。もう少しなじんでくればペースも上がってくる」と話した。来年2月の宮崎春季キャンプでの万全を期す。

西日本スポーツ

最終更新:2018/12/6(木) 1:01
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事