ここから本文です

ホークス岡本「微増」にも笑顔 来季は「中継ぎで勝負していきたい」

2018/12/5(水) 16:57配信

Full-Count

9月に右肘手術も「状況はいい」

 5日、ソフトバンクの岡本健投手が契約更改に臨み「微増です」というアップ査定でサインした。

【写真集】広瀬すず似の美女も…ヤフオクドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 岡本健は今季23試合に登板して1勝をマークしたものの、7月には右肘の不調から登録抹消。9月20日に手術を受けて全治3か月の診断を受け、懸命にリハビリに励んでいる。「前半の投手が苦しい中で投げたことを評価していただいた」と球団のアップ査定にニッコリ。金額については「微増というだけにしといてください」と明らかにしなかった。

「いい感じで投げられていましたが、ケガで下に落ちたことは悔いが残ります。1年間通してプレーすることの大変さをすごく感じました」としたうえで「来年は自分にプレッシャーをかけてやっていきたい」と語った。

 9月に2度目のメスを入れた右肘は「いい状況だと思います。多少の違和感はありますが、手術した以上はこれに慣れていかないと」とした。オフは右肘の状態を見ながら筑後でトレーニングを続ける予定で「春のキャンプまでには(投げられるまでに)もっていきたい」という。

 来季については「与えられたところでやっていくだけだが、中継ぎとして勝負していきたい」と復活へ意欲を燃やした。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:2018/12/5(水) 16:57
Full-Count

あなたにおすすめの記事