ここから本文です

FIA F2:新チーム『UNI Virtuosi Racing』が参戦。ロシアンタイムの体制を引き継ぐ

2018/12/5(水) 11:39配信

オートスポーツweb

 FIA F2に新チームの『UNI Virtuosi Racing』が参戦することが決定。2018年に牧野任祐が所属していたロシアンタイムの体制を引き継ぐこととなった。

【画像】2018年F2、イタリアレース1で優勝を飾った牧野と僚友マルケロフ

 ロシアンタイムは2013年からF2に参戦し、2017年にはチームタイトルを獲得。2018年シーズンは、アルテム・マルケロフが3勝、牧野が1勝を挙げている。F2のなかでも有力チームのひとつだ。

 そんなロシアンタイムだが、同チームのマネジメントが担っていたVirtuosi Racingが体制を引き継ぎ、2019年からは新チーム『UNI Virtuosi Racing』としてF2に参戦することとなった。

 F2のCEOを務めるブルーノ・ミッシェルは「UNI Virtuosi Racingが2019年のF2に参戦することを歓迎する」とF2公式HPで述べた。

「彼らはチャンピオンシップで成功を収めており、2019年シーズンも同じ高レベルのパフォーマンスを発揮することが期待できる」

「ロシアンタイムのスヴェトラーナ・ストエルニコワ、アルテム・マルケロフの長年の献身に感謝している。また、アルテムが素晴らしいドライバーに成長することを期待している」

 Virtuosi Racingのオーナーを務めるアンディ・ロシュは、「UNI Virtuosiが来シーズンF2に参戦することを発表できてうれしく思う」と語る。

「ロシアンタイムを2017年のチャンピオンにし、通算13勝を挙げ、38度の表彰台に導いた体制を2019年以降も継続していく。ドライバーについては、すぐに最終決定を下す」


[オートスポーツweb ]

最終更新:2018/12/6(木) 18:14
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事