ここから本文です

【カペラS】1番人気が一度も勝っていないレース/JRAレース展望

2018/12/6(木) 6:00配信

netkeiba.com

 今年は中央開催となったJBCスプリントを除けば、JRAで唯一1200mで行われるダート重賞。ダート短距離のオープン特別は1400mのほうが多数で、「直線に坂があるダート1200m」は特殊な部類に入る。ここまでの序列が当てになりにくいため、戦力比較が難しく、1番人気は過去10年で全敗、2番人気も1勝だけと、人気馬受難のレースでもある。

1.若い馬を狙え

 このカテゴリーはレースでの消耗が少なく、高齢まで現役を続ける馬が少なくないが、ベテランを尻目に勝ち上がっていくのは若い馬ばかりだ。過去9回で6歳以上の勝利は2012年のシルクフォーチュンと2015年のキクノストームだけで、他は4歳馬が4勝、5歳馬が3勝で、3歳馬も1勝している。

2.JBCスプリント組は不振

 間隔的にJBCスプリントから転戦してくる馬が主力を占めることが多いが、過去10年で[0-2-3-11]。3番人気以内でも[0-0-2-3]だから物足りない。今年のJBCスプリントは中央開催だったので例外になる可能性はあるが、中山ダート1200mの異質さを物語るデータである。

3.差し・追い込みがハマりやすい

 脚質が「差し・追い込み」だった馬が過去10年で7勝して2着も8回。先行争いが激化しやすいコース形態の影響で、後方待機組が恵まれやすい。他場ではいつも脚を残している馬でも、中山ならばチャンスがある。


 ハットラブは全5勝のうちこのコースで4勝を挙げている「中山ダート1200の鬼」。古馬オープン初挑戦だった春の千葉Sでも5着に追い込んで、牡馬一線級が相手でも通用する手応えを得た。落馬で競走中止になった前走から間隔を開けて立て直し、得意コースで巻き返しを図る。

最終更新:2018/12/6(木) 6:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事