ここから本文です

Sansan、約30億円の資金調達を実施 名刺を起点とした“イノベーションを生み出す”事業展開を加速

2018/12/6(木) 12:00配信

MarkeZine

 法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を開発・提供するSansanは、日本郵政キャピタル、T. Rowe Price Japan Fund、 SBIインベストメント、DCM Venturesから、合計約30億円の資金調達を実施した。これにより、同社の累計調達総額は約114億円となる。

 あわせて同社は、企業ミッションを「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」から「出会いからイノベーションを生み出す」に変更することを発表。同社は今回の資金調達を通じ、名刺を起点とした、イノベーションを生み出す事業の展開を加速していく。

最終更新:2018/12/6(木) 12:00
MarkeZine

あなたにおすすめの記事