ここから本文です

三井住友銀行とザイマックス、銀行店舗の遊休スペースを活用したサテライトオフィス開設

2018/12/6(木) 9:00配信

MONEYzine

 三井住友銀行とザイマックスは10月1日、新宿支店・港北ニュータウン支店・三鷹支店建物内にサテライトオフィスをオープンした。この取り組みは三井住友銀行が、店舗の遊休スペースに従業員専用のサテライトオフィスを設置し、従業員一人ひとりがそれぞれの事情に応じて働く場所を選択できる環境整備を進めるもの。現在、一部部署を対象にした試行を実施し、今後の拡大を検討する。

 ザイマックスは2016年から、法人向けのサテライトオフィスサービスである「ZXY(ジザイ)」を展開。2018年12月現在で41拠点のネットワークを持ち、首都圏を都心から郊外まで網羅している。セキュリティに配慮したファシリティや、独自開発した予約管理システムによる無人管理が特長となっており、現在約800社、12万人の会員と契約している。

 三井住友銀行は今回、ザイマックスからサテライトオフィス設置・運営のノウハウや入退館・予約管理システムなどの提供を受けるとともに、三鷹支店の建物の一角をザイマックスに賃貸し、ザイマックスは法人会員制のサテライトオフィスを設置・運営する。

 三井住友銀行は従業員専用のサテライトオフィスの利用と併せて、ザイマックスが運営するサテライトオフィスの試行利用も行っている。

最終更新:2018/12/6(木) 9:00
MONEYzine

あなたにおすすめの記事