ここから本文です

FIA、2019年のF1開催カレンダー全21戦を正式承認。鈴鹿で31回目の日本GPは10月13日

12/6(木) 11:31配信

motorsport.com 日本版

 FIAは、2019年のF1開催カレンダーを正式に承認した。日程は、10月に発表された暫定版と同じである。

 21戦からなる2019年のF1世界選手権は、3月17日にオーストラリアのメルボルンで開幕。12月1日のアブダビGPで幕を閉じる。

 なお、第3戦に組み込まれている中国GPで、F1は1950年のイギリスGP(ヨーロッパGP/シルバーストン)から数えて、1000回目のレースを迎えることになる。

 また、今季初めて実施された3週連続開催は、避けられることになった。

【2019 F1開催カレンダー】

3月17日:オーストラリア(メルボルン)
3月31日:バーレーン(サクヒール)
4月14日:中国(上海)
4月28日:アゼルバイジャン(バクー)
5月12日:スペイン(バルセロナ)
5月26日:モナコ(モナコ)
6月9日:カナダ(モントリオール)
6月23日:フランス(ポール・リカール)
6月30日:オーストリア(シュペールベルク)
7月14日:イギリス(シルバーストン)
7月28日:ドイツ(ホッケンハイム)
8月4日:ハンガリー(ブダペスト)
9月1日:ベルギー(スパ)
9月8日:イタリア(モンツァ)
9月22日:シンガポール(シンガポール)
9月29日:ロシア(ソチ)
10月13日:日本(鈴鹿)
10月27日:メキシコ(メキシコシティ)
11月3日:アメリカ(オースティン)
11月17日:ブラジル(インテルラゴス)
12月1日:アブダビ(ヤス・マリーナ)

Jonathan Noble

あなたにおすすめの記事