ここから本文です

F1からインディカーへ転向したエリクソン「F1は人工的。インディカーは情熱を取り戻させてくれる」

2018/12/6(木) 21:13配信

TopNews

今季限りでアルファロメオ・ザウバーのレギュラーシートを失ったマーカス・エリクソン(28歳)は、F1は「少し人工的」だとの見解を示した。

エリクソンは、ケータハムとザウバーで走ったが、2019年のレースシートは失い、インディカーへ転向する。

今週アメリカでインディカーのテストをしたエリクソンは「インディカーはレースとの恋に落ちた理由に戻させてくれる」と『Globo(グローボ)』に語った。

「F1はいつの時代もF1だろうけど、いくつかの点では少し人工的だよ」

「F1では常に完璧な状態からスタートするけど、インディカーではクルマに対処して完璧にしていく必要があるんだ」

「それは僕のレースの情熱を取り戻させてくれるよ」。

最終更新:2018/12/7(金) 2:08
TopNews

あなたにおすすめの記事