ここから本文です

【LPGA新人戦 選手紹介】ケーシー・コモト「今の私と5年後の私…どのように成長していくか楽しみにしてもらいたいです」

2018/12/6(木) 13:12配信

ゴルフ情報ALBA.Net

12月6~7日の日程で開催される「LPGA新人戦 加賀電子カップ」。近年稀に見るスコアの伸ばし合いとなった2018年LPGAプロテストを突破した第90期生・21名が出場するが、それぞれの選手の個性を紹介する。

LPGA新人戦 加賀電子カップ LIVEPHOTO

トータル19アンダー・2位という好成績で今年のプロテストを通過したのがハワイ出身のケーシー・コモトだ。日系4世の23歳は「現在勉強中です(笑)」とまだたどたどしい日本語だけをたよりに、異国の地でのプロゴルファー人生を歩み始めた。

10歳からゴルフを始めたケーシー。英語と日本語を織り交ぜながら、一生懸命に日本でプロの道を歩むことを決めた理由について話してくれた。

「もっと様々なことを経験して、そしてゴルファーとして強くなるために、慣れない環境でプレーをしたかったです。日本語と日本の習慣を勉強しながら頑張りたいです」

ルーツをたどると日本にたどり着くが、プロテスト前までにケーシーが来日したのは「家族旅行や、昨年のQTの時くらいです」とわずか。慣れない土地での新生活を送っているのだが、その表情は“ハワイアン”らしく明るさで満ちている。

それには一人のプレーヤーの存在も大きい。同じプロテストでトップ通過を果たしたハワイ出身のエイミー・コガとはジュニア時代から大の仲良しだ。そんなエイミーは、親友のバイタリティに驚くばかりだ。

「受け入れる能力が高いと思います。アメリカと日本のゴルフ文化はまったく違いますが、ケーシーは初めての国の文化を素直に受け入れています。いつも通訳をつけるわけにはいかないのに、行動するのも臆さない。さらにプロテスト合格という結果を出すのはスゴイですよね」

2016年に一足早く来日し、同じ道をたどったエイミーだからこそ、そのすごさは身をもって理解できる。

もちろん、ケーシーにとっても理解者が身近にいるのは大きな支えとなる。

「小さい頃から同じ経験を分かち合いながら、一緒に成長してきました。ライバルというよりも、同じことをやってきた親友という考えの方が大きいですね」

これからも、“仲良しコンビ”の関係性が変わることはない。

そんなケーシーに自らのアピールポイントを聞くと、「曲がらないショットやスイングを見て欲しい」と話したが、最も強調したのはプレースタイル云々という話ではなかった。

「まだ日本に来たばかりの私が、どのように成長していくかを楽しみにしてもらいたいです。今の私と5年後の私を比べてもらって、どれだけ成長したか。それを感じてもらえたら嬉しいです」

目標とする選手像は「強くて優しいプロゴルファー」。頭に描いているのは宮里藍のような誰からも愛されるプレーヤーだ。

プロとしての夢は「(エイミーと)2人でレギュラーツアーで優勝争いがしたいです。そうなる日を楽しみにしています」というもの。母国から遠く離れた日本で、プロとしての第一歩を踏み出した23歳。いつの日も笑顔を絶やさず、トッププロへと成長することを期待したい。

ケーシー・コモト プロフィール
〇1995年6月2日生まれ
〇米国ハワイ出身
〇身長160センチ、体重56キロ
〇血液型:A型
〇ゴルフ歴:10歳~
〇趣味:ハイキング
〇好きな色:スカイブルー
〇スポーツ歴:フラダンス
〇目標とするプロ:宮里藍

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2018/12/6(木) 13:12
ゴルフ情報ALBA.Net

あなたにおすすめの記事