ここから本文です

「無職を楽しんでいます」から1年 宮里藍は1カ月半ぶりのクラブに「ウォームアップに手こずった(笑)」

12/6(木) 19:39配信

ゴルフ情報ALBA.Net

昨年ツアー引退を表明した宮里藍が契約を結ぶブリヂストンスポーツのイベント「Bridgestone Golf TOUR Bドリームフェスタ 2018」に参加。今年6月の結婚発表後2度目となる公の場で、参加客とのラウンドやレッスン会、懇親パーティなどでファンとふれあった。

これは珍しい! “藍とアン”の2ショット【フォトギャラリー】

ニアピン担当となった宮里だったが、クラブを握るのは実に「1カ月半ぶり」。担当のホールにファンが来るまで何度も何度もボールを打ち込んで準備した。「(久々だったので)ウォーミングアップに手こずってしまいました(笑)15球くらい打ってしまいました。何とか間に合って良かった(笑)」と安ど。「精度も落ちているし、スイングのタイミングはバラバラ。でも、そんなことを楽しめています」と現役時代とは異なるゴルフの魅力を感じている。

昨年のこのイベントで「無職を楽しんでいます」と語ってから1年が経過。「さすがに今は無職ではないです(笑)」と言うが、ツアーから退いたことに後悔はない。「今は引退を人生の1つの通過点。そう思えているので、それは前を向けているということだと思います」と未練を感じることなく新たな日々を過ごしている。

親交のある元卓球日本代表の福原愛氏が今月5日に第二子を妊娠したことを報告。そのことについて聞かれると「ゆくゆくは子どもにも恵まれたらいいなと思います。(サッカー元日本代表の)澤さんもそうですし、愛ちゃんもそうですが、引退してもしっかりと自分の道を歩いているのは素敵なことだと思います。彼女たちについていけるように、そうなっていければいいなと思います」と話した。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

あなたにおすすめの記事