ここから本文です

胃がんからの復活目指す赤松 丸が抜けても俺がいる

12/6(木) 16:33配信

東スポWeb

 ピンチはチャンス――。2年連続でセ・リーグのMVPに輝いた丸佳浩外野手(29)が巨人にFA移籍することが決まった広島で、虎視眈々と一軍での出場機会を狙っている男がいる。大病からの復活を期す赤松真人外野手(36)だ。

 2016年に胃がんを公表し、17年1月に手術で胃の半分を切除してから2年弱。まだ一軍出場は果たせていないが、今季は二軍戦55試合に出場し、打率2割3分7厘、1本塁打、5打点、5盗塁で「(自分のイメージする)野球ができていたら一軍にいると思う。いないということは力不足だったということ」と振り返る。

 ただ、そう言えるのは一軍復帰という目標を見失っていないからこそ。すでに来季に向けた準備は進めており「今までやってきたトレーニングに加えてプラスアルファできることをやっていく」とダッシュやスクワットなどで下半身を重点的に鍛えている。

 リーグ4連覇を目指すチームは「3番・中堅」を担ってきた中心選手が抜けた。大きな戦力ダウンであることは間違いないが、今季は左翼でレギュラーに定着した野間だけではなく、今秋のキャンプで本格的に外野守備の練習に着手した西川も目を輝かせている。そこに赤松も食い込んでいこうというわけだ。

 新井の引退、エルドレッドの退団でチームでは3番目の年長者となった赤松は「まずは二軍で結果を出さないと一軍には上がれない」と謙虚に話しつつも「一軍の力になりたいと思ってやっているし、そこが最終的な目標」と言い切る。代走、守備固め…どんな形でもリーグ4連覇に必要なピースとなるつもりだ。

最終更新:12/6(木) 16:33
東スポWeb

あなたにおすすめの記事