ここから本文です

190万円分の損傷硬貨集め紙幣交換試みた男性に無罪、オーストリア

12/6(木) 20:54配信

AFP=時事

【AFP=時事】オーストリアの裁判所は5日、損傷し廃棄のため中国に送られたユーロ硬貨を欧州に大量に持ち帰り、紙幣に交換しようとして逮捕され詐欺罪に問われていた男性を無罪としたことを明らかにした。

【写真】オーストラリア史上最高値の金貨を鋳造、2億円相当

 ドイツ国籍のこの男性は今春、オーストリア西部ブレゲンツ(Bregenz)で、大量の損傷硬貨を紙幣に交換しようと銀行の両替機を使用して逮捕された。

 警察は男性の車から、損傷した1ユーロと2ユーロ硬貨計117キロ分、総額にして1万5000ユーロ(約190万円)を発見。男性はその後詐欺罪に問われ、勾留されていた。

 自動車や洗濯機から回収された損傷硬貨は、廃棄のため中国へ送られる。男性によると、そういった損傷硬貨を買い取るために定期的に中国に足を運んでいたという。

 弁護士は、男性は最高3万ユーロ(約380万円)の現金を持って中国に渡っては損傷硬貨を買い集めていたが、税関当局には常に適切な申告を行っていたと話している。

 廃棄のため中国に送られた損傷硬貨をひとまとめにして、実際の額面よりもずっと少額で転売するという取引は珍しくないという。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:12/7(金) 9:46
AFP=時事

あなたにおすすめの記事