ここから本文です

華為CFO逮捕が新たな火種に、中国は米加に「厳正な抗議」

12/6(木) 10:16配信

ロイター

[上海 6日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことについて、在カナダ中国大使館は、逮捕に断固として反対すると表明し、カナダと米国に厳正な抗議を行ったと明らかにした。

米国と中国は、1日の首脳会談で貿易戦争の「一時休戦」で合意したばかり。孟氏の逮捕により、両国間関係が再び悪化する可能性がある。

カナダ司法省によると、孟氏は今月1日に逮捕され、米国に身柄が引き渡される可能性がある。関係筋によると、逮捕は米制裁措置への違反に関連しているという。ロイターは違反の詳しい内容を確認できていない。

大使館はウェブサイトに掲載した短い声明で、孟氏の即時釈放を求めるとし「カナダ警察は米国の要請により、米国やカナダのいかなる法律にも違反していない中国国民を逮捕した」と説明。「中国は米国とカナダに対し、誤った行動を改め、孟氏の自由を回復するよう、厳正に抗議した」と述べた。

カナダ司法省の広報官によると、法定審問は7日に予定されている。

孟氏は華為の創業者である任正非氏の娘で、取締役会副会長の1人。

*見出しを修正しました。

最終更新:12/15(土) 15:09
ロイター

あなたにおすすめの記事