ここから本文です

上坂すみれ ハンバーグで思い出す“ノストラダムス憎し”

12/6(木) 22:33配信

東スポWeb

 映画「緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」(来年1月11日公開)の完成披露舞台あいさつが6日、東京・江東区のユナイテッド・シネマ豊洲で行われた。

 本作はオカルトにまつわるテーマを、専門家たちのプレゼンを通して検証していくテレビ番組「緊急検証!」シリーズ(CS放送・ファミリー劇場)初の劇場版。全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンで「オカルト=オワコン」説を覆すことができるか徹底検証する。

 完成披露試写会には、テレビ番組のレギュラー陣であるミュージシャンで作家の大槻ケンジ(52)、コラムニストの辛酸なめ子(44)、同映画のナレーションを務めた声優の上坂すみれ(26)らが出席した。

 大槻は「僕は紅白歌合戦には出たことないんですけど(同番組内の)『紅白オカルト合戦』は毎年出演させていただいてます」とあいさつ。司会者から「オカルトとは?」という問いには「一生楽しめる」とフリップボードに書き「UFOや幽霊とか、結局は分からないと思うんですよ。考えてる間は楽しめる。オカルトは大人のたしなみ、老後の楽しみ、来世の楽しみです。答えの出ない謎解きをして楽しみたい」と答えた。

 大のオカルト好きで同番組の出演経験もある上坂は「私は一視聴者として『オカルト紅白歌合戦』を見ながら年を越していた。それを(ツイッターで)つぶやいていたら(出演)オファーがきて。映画のナレーションも担当させていただいた」と思わぬ縁に感激した。

 舞台あいさつ後の囲み取材で、上坂は、“1999年7の月に人類が滅亡する”といわれた「ノストラダムスの大予言」について熱弁。「子供のころ、お父さんからファミリーレストランでラフに『地球が滅びるんだよ』と言われて。ハンバーグステーキを食べてたんですけど、ハンバーグのことなんか考えられずに子供ながらに『死とは何か?』を考えてた」と告白。

 夏休み中だったため、上坂は「夏が終わるまで待ってくれてもいいのにって、ノストラダムスへの憎悪がすごかった。今もハンバーグを食べると思います」と打ち明け、報道陣を笑わせた。

 また、この日午後からソフトバンクで長時間にわたって通信障害が起き、日本列島が大混乱に陥った。

 大槻は「あれは…僕にエゴサーチをさせないためでしょうね」と冗談を飛ばした後に「この完成披露試写会の直前に復旧するなんて…何かあるのかもしれない」と“超常現象”を感じていた。

最終更新:12/6(木) 22:33
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ