ここから本文です

ジュニア女子は驚異の4回転ルッツ対決 ロシアの2人が公式練習で跳び合う

12/6(木) 10:43配信

スポーツ報知

 フィギュアスケートGPファイナルは6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開幕する。ジュニア女子は5日に公式練習が行われ、ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ(14)とアンナ・シェルバコワ(14)が4回転ルッツを跳び合い火花を散らした。

 4回転ルッツは男子選手でも成功者が少ない高難度のジャンプ。トゥルソワはフリーの曲かけで2本続けて転倒したが、3本目の4回転トウループは着氷させた。曲かけ後にはルッツだけでなく、3回転トウループをつけた連続ジャンプも降りた。国際スケート連盟(ISU)公認大会で成功すれば女子初となる。

 シェルバコワも曲かけの4回転ルッツは転倒したが、その後何度か着氷。10月のロシアの国内大会では4回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプを成功させている。

 2人は平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワを育てたエテリ・トゥトベリーゼ氏に師事している。

最終更新:12/7(金) 16:56
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事