ここから本文です

ロシア、「ベネズエラ支援」約束=マドゥロ大統領、財政援助要請か

12/6(木) 17:46配信

時事通信

 【モスクワAFP時事】ロシアのプーチン大統領は5日、モスクワ郊外の公邸で、訪ロしたベネズエラのマドゥロ大統領と会談し「社会の相互理解に向けた努力、反体制派との関係正常化を目指すあらゆる活動についてマドゥロ大統領を支援する」と約束した。

 また、米国によるベネズエラへの圧力を念頭に「事実上のテロ行為、力による体制変更の試みを非難する」と述べた。

 これに対しマドゥロ大統領は「両国の協力と経済にとって吉報を」とプーチン大統領に訴えた。産油国ベネズエラの経済は、原油価格の下落と放漫財政に加え、米国からの制裁で崩壊が止まらない。

 ロシアのペスコフ大統領報道官は会談前、「ベネズエラ政府が必要とする援助について集中的に話す」と述べており、財政援助が会談の中心議題だったとみられている。 

最終更新:12/6(木) 17:53
時事通信

あなたにおすすめの記事